コッカプー

コッカプー子犬販売の平均値段相場は?2022年最新の人気色ランキングも紹介!

コッカプー 値段 平均 相場 2022年 最新 人気 ランキング 子犬販売
Pocket

社交的で陽気な性格のミックス犬コッカプーは、アメリカでは大変人気の高い犬種です。

日本ではまだあまり馴染みがなく、ペットショップでも見かける機会も少ないですよね。

ケロっぴ
ケロっぴ
子犬販売事情はどうなっているのかな?

お迎えを検討している方は値段やカラーの種類など、知りたい情報が多いのではないでしょうか。

そこで、これから日本でも注目されそうなコッカプーの子犬販売の平均値段相場や2022年最新の人気色ランキングまでご紹介していきます。

平均相場などはペットショップとブリーダーで違いはあるのでしょうか。

どちらで迎え入れれば良いのか迷っている方にもお役に立つ情報が満載です。(๑>◡<๑)

また、2022年最新人気色はランキング形式でご紹介していきますので、どんな種類のカラーがあるのか最後までお楽しみ下さい。

 

コッカプーの子犬販売の平均値段相場はいくら?

コッカプーは、アメリカンコッカスパニエル×トイプードルのミックス犬です。

ミックス犬の中でも歴史が古く、正式な犬種登録が近いとも言われているんですよ。

見た目のお顔やがっしりした体型はコッカスパニエル寄りで、被毛の巻き具合などはトイプードル寄りの子が多いですね。

トイプードルは誰もが知る人気犬種で、人気ランキングの上位には必ず名前を見かけるほど。

そんなトイプードルのペットショップでの平均相場は46万円程です。

一方アメリカンコッカスパニエルはというと、人気ランキング上位にはなかなか見かけませんが、平均相場は30万円程

コッカプーはがっしり体型にフワモフの体が、まるで「動くぬいぐるみ」のようで、とても可愛らしくこれから人気と共に価格も上がるのでは?

コッカプーの平均相場はどうなのでしょうか?

 

子犬販売の平均値段相場は?

コッカプーの平均相場は18万〜25万円です。

ミックス犬は両親犬どちらの遺伝を強く受け継ぐかにより、個体差があるので価格にも幅がありますね。

人気があり、高値になる条件は、コッカスパニエル寄りの顔や垂れ耳にトイプードルの被毛を持つ、小柄な体型のコッカプーだそうです。

コッカプーの体重は5〜11キロと幅がありますが、やはり日本では小柄な子が人気で値段も高値が付きます。

ケロっぴ
ケロっぴ
アメリカンコッカスパニエルはがっしりしてるイメージだけど、トイプードルが小さいから少し小柄になるんだね。

 

子犬はどこから迎え入れるのが安い?

コッカプーの平均相場は18万〜25万ですが、近年のミックス犬ブームによりペットショップの販売価格が高騰しています。

ショップにより50万円という高値がついている場合も!

良質なブリーダーは一時的なブームだけでの値段変動は少ないですが、ペットショップは人気が出るとすぐに値段に反映する所もあるようですね。

トイプードルの日本での登録件数は8万頭ほど、それに比べアメリカンコッカスパニエルの登録件数は2千頭。

その子供であるコッカプーの繁殖の数は決して多くはありません。

ブリーダーで購入するメリットとしては、犬の出産は一度に何匹か産まれる事が多いので、兄弟犬を含め同時に何匹かを見られると言うことと、値段が抑え気味という点です。

デメリットとしては、まずブリーダー探しから始まり、出産情報のチェック、見学、そして迎え入れの準備はペットショップなどのお店で揃えることになるでしょう。

ケロっぴ
ケロっぴ
大変そうだけど、兄弟犬などは見たいし、悩むよね。

一方ペットショップで購入するメリットは、迎え入れ準備も含め、やはり手軽に迎え入れられる事でしょうか。

しかし、10年以上も生活を共にするパートナー選びですので、勢いだけではなく、どちらが自分に合うのかよく考えてからお迎えした方が良いでしょう。

 

コッカプーの2022年最新の人気色ランキングも紹介!

両親犬である、アメリカンコッカスパニエルとトイプードルは被毛カラーの種類がとても多い犬種ですが、コッカプーの被毛カラーは何種類くらいでしょうか?

被毛カラーの種類

  • クリーム
  • ベージュ
  • ホワイト
  • シルバー
  • アプリコット
  • レッド
  • ブラウン
  • ブラック
  • ブラックタン

基本色だけで9色もあり、両親犬の被毛カラーにより様々な組み合わせがあります。

 

2022年最新の人気色ランキングを紹介!

早速2022年最新の人気色ランキングを紹介します!

順位
1 アプリコット
2 ホワイト
3 ベージュ
4 ブラック
5 クリーム

人気No.1はアプリコットで、2位以下もアメリカンコッカスパニエルの代表的な色が人気色になっていますね。

アメリカでは、高貴なイメージが強いブラックがダントツ人気No.1なんだとか!

日本でもブラックは根強い人気があるようです。

 

希少カラーってどんな色?

コッカプーの豊富な色の中でも、白色ベースで2種類以上の毛色が混ざっている「パーティカラー」は希少カラーと言われ人気があります。

特に白黒のカラー配色が人気で白黒パーティカラー限定のオフ会なども開催されていたようですよ。

全く同じパターンの配色はいませんので、個性的で、人気があるのも頷けます。

その他のコッカプーの豊かな被毛の配色。

  • ブリンドル(他の色が混ざる)
  • マール(大理石のような)
  • ローン(白い毛が細かく混ざる)
  • スポット(ダルメシアンの斑点のような)

両親犬のカラーにより、様々な被毛の色や柄になることもコッカプーの魅力の一つですが、こんなに多いと迷ってしまいますよね。

被毛のタイプは、いずれもプードルのような密集したくるくる巻き毛が特徴となり、トリミングする際は、プードルを参考にする飼い主さんが多いようです。

 

まとめ

今回はコッカプーの子犬販売の値段の平均相場から2022年の最新人気色ランキングまでご紹介してきましたがいかがでしたか?

ケロっぴ
ケロっぴ
最新人気ランキングは見てくれたかな?

両親犬である、アメリカンコッカスパニエルはディズニー映画「わんわん物語」のモデルにもなった犬種でアメリカではとてもメジャーな存在です。

その人気はコッカプーにも当てはまり、コロナ禍以降のペットブームにより迎え入れた犬種No.1という話も!

日本でも、被毛カラーの豊富さと陽気で飼いやすいコッカプーの魅力により、2022年以降も人気が上がっていきそうですね。

子犬販売の値段も数年前よりも上昇していました。

しかし、希少カラーや人気カラーにこだわらなければ、平均相場よりも値段を抑え気味にお迎えすることも可能です。

お迎えに値段をかけるよりも、その後のコッカプーとの生活を充実したものにするのも大切なことですよね。

自分のライフスタイルにピッタリ合うコッカプーとの素敵な出会いがありますように。