里親・譲渡会

ペットショップ【静岡】売れ残りの犬を引き取りたい!2022年の譲渡会場所や里親にかかる費用を徹底解説!

静岡 ペットショップ売れ残りの犬を引き取りたい 2022年 譲渡会 場所 里親 費用
Pocket

今日もペットショップには可愛い子犬が沢山売られています。

そんな子犬たちの中で、少し大きく成長した犬が販売されているのを見る事もありますよね。

まわりの犬より大きく成長してしますと、売れ残りやすくなってしまうのでは?

と心配に感じたことがある人もいるのではないでしょうか。

そんなペットショップ売れ残りの犬を引き取りたい!

と考えている人たちへ向けて、静岡県での売れ残りの犬の引き取り方法や2022年譲渡会場所や里親になる為の費用まで調査してみました。

ケロっぴ
ケロっぴ
気になる情報がたくさんあると良いなぁ。

2022年も譲渡会は色々な場所で開催されていますが、今回は静岡県の譲渡会情報をお届けします。

里親になるにはどうしたら良いのか、費用の事や迎え入れる準備まで犬との暮らしには何が必要なのか気になる情報が盛り沢山ですよ。

ペットショップ売れ残りの犬を引き取りたいと思っている人たちが行動するきっかけになれたらと思いますので、最後までお付き合いください。

 

ペットショップ【静岡】売れ残りの犬を引き取りたい!

みなさんはペットショップにはよく行かれますか?

私は自分の愛犬を連れて、散歩の途中に寄り道してしまうほどペットショップが好きでよく行くんです。

可愛い子犬たちを見ているだけで癒されて、幸せな気持ちのまま帰路に着きます。

あまりに頻繁に行くので、ペットショップ売れ残りの犬がいると気になって仕方がありません。

5ヶ月、6ヶ月と月齢が上がってくると大きめのケージに移されて、少し外の犬との触れ合いもできますよね。

私の愛犬を興味津々で見て挑んできたりすると、早く外の世界へ連れ出してあげたくなってしまいます。

ケロっぴ
ケロっぴ
見るもの全てに興味津々で可愛いんだよね。

そんなペットショップの売れ残りの犬をどうしたら引き取れるのか、調査してみましたのでご覧ください。

 

静岡のペットショップ売れ残りの犬を引き取りたい時は動物管理指導センターへ問い合わせよう!

静岡県では、県が運営する「静岡県動物管理指導センター」という犬と猫の保護センターがあります。

人と動物が共存する豊かな社会づくりを目指して日々活動しているんです。

まず、ペットショップで売れ残った犬を引き取りたいと思ったら、静岡県動物管理指導センターに問い合わせてみると良いかもしれません。

他の民間の動物保護団体とも情報の共有をしています。

というのも、動物管理指導センター内にある「動物愛護館」という場所を提供し、民間の保護団体の譲渡会などを開催しているのです。

この動物愛護館で開かれる譲渡会は、色々な団体が開催しているため、今回は猫ちゃんだけなどという事もあり、毎回お問合せが必要になります。

色々な保護団体とのつながりがあるようなので、お問合せしてみて下さいね。

 

売れ残り犬の情報は直接ペットショップの里親探しへ!

ペットショップ売れ残りの犬はお店により様々ですが、良心的なペットショップはブリーダーに返還したり、保護団体に里親探しを依頼したりします。

その他、ペットショップ自体で里親探しをしているお店もあるんですよ。

ケロっぴ
ケロっぴ
それってすごく良いアイデアだよね!

静岡県の藤枝市にある「ペットショップ犬の家猫の里」では通常販売に加えて、ブリーダーでの繁殖犬を引退した犬などの里親探しも行なっています。

若い犬も多いので中にはペットショップで売れ残った犬の情報も教えてくれるかもしれません。

サイトをチェックして実際に行かれてみてはいかがでしょうか。

 

2022年の譲渡会場所や里親にかかる費用を徹底解説!

ペットショップ売れ残りの犬を引き取りたいと思ったら、まずペットショップに聞いてみると有益な情報が得られそうです。

その他の方法としては、やはり保護団体による譲渡会に参加してみることでしょう。

保護団体には様々な事情を持つ犬がいますが、ペットショップで大きくなってしまって飼い主が決まらないワンちゃんも引き取ることがあるそうですよ。

ケロっぴ
ケロっぴ
ペットショップだけでなく譲渡会も可愛い子がたくさんいるよ。

保護団体主催の譲渡会は、雑種犬だけでなく血統書がある犬種も沢山います。

そんな譲渡会情報をお届けしますのでご覧ください。

 

静岡の2022年おすすめ譲渡会場所をご紹介!

静岡県では譲渡会が頻繁に開かれています。

その中でもおすすめの保護団体の譲渡会情報をご紹介しますので、お近くにお住まいの方はぜひ足をお運び下さい。

 

静岡NPO法人「その小さないのちを守りたいプロジェクト」

その小さないのち守りたいプロジェクト」は静岡市に拠点を置き、殺処分ゼロを目指し活動している保護団体です。

保健所などから犬を保護し、病院にて医療を施して保護犬たちを家族の一員として迎えてくださるご家族へ譲渡をして「いのち」を繋いでいく活動をしています。

週末を中心に譲渡会などを開催していますよ。

譲渡場所などもその都度変わりますので、詳しくはHPでご確認してからお出かけください。

 

犬猫保護Lea Lea(レアレア)

犬猫保護Lea Leaは、静岡県浜松市で活動しているボランティア団体です。

全ての犬猫たちが、里親さんの温かい家庭の中で幸せに暮らせるよう、日々活動しています。

また、犬や猫を保護するだけでなく、里親に譲渡されたその後の状況まで気にかけて、ブログで報告しているんです。

こちらも譲渡会を定期的に開催しているので、こまめにチェックしてみて下さい。

また、会場も2つありますので、近くの会場へ行ってみてはいかがでしょうか?

  • 譲渡会場 Lea Lea 静岡県浜松市東区市野町225-3

 

里親になるために必要な費用は8千円~5万円程!

譲渡会で運命の出会いがあった時、その後の費用や引き取り方法を具体的にご紹介します。

譲渡会で里親になるには費用が掛かからないと思っている人も多いのですが、実際は諸経費として費用が掛かるんです。

保護団体により幅がありますが、その金額は8千円〜5万円程

その内訳としては、これまでの医療費や登録料、マイクロチップ代などの費用になります。

そして譲渡のための条件も保護団体ごとに決められていて、その条件を全てクリアしないと里親になることはできないんです。

条件は保護団体によって多少の違いがあります。

  • 室内飼育をすること。
  • 家族全員の同意を得られていること。
  • 登録や狂犬病予防接種などの義務を行える人。
  • ペット可の住居に住んでいる人。
  • 引き取り手の責任者が成人であること。

大体共通する項目としてはこれらの条件が入ります。

また里親が高齢の場合は引き取りできないなどの条件が入っていることも。

ケロっぴ
ケロっぴ
厳しい条件の訳はもう二度と保護犬になってほしくないからだよ。

譲渡条件は厳しく感じられるかもしれませんが、里親になるという覚悟をするうえではどれも大切な約束になるんです。

その他、譲渡時の費用だけでなく、ケージや散歩に必要なリード、ハーネスなど犬の飼育に必要な準備も揃えてからのお迎えになるでしょう。

 

まとめ

今回はペットショップ売れ残りの犬を引き取りたい!

と考えている人へ向けて、静岡での2022年の譲渡会場所や里親になるための費用までご紹介しました。

ケロっぴ
ケロっぴ
譲渡会に行ってみたくなってきたよね。

ペットショップで2~3ヶ月の可愛い子犬を飼うのは嬉しいものですが、その裏では売れ残ってしまった犬もいるんです。

そんなペットショップ売れ残りの犬を引き取りたい、と思った時にはペットショップに問い合わせたり、譲渡会に参加したり行動に移してみることから始めましょう。

今回ご紹介しました、2022年の静岡県の譲渡会場所を参考にまずは参加してみてください。

また、里親になる時の費用だけでなく、この先もずっと一緒に生活していく為には費用が掛かることも考えてお迎えしてほしいと思います。

譲渡会での運命の出会いがあると良いですね。