ラブラドゥードル

ラブラドゥードル子犬販売の平均値段相場は?2022年最新の人気色ランキングも紹介!

ラブラドゥードル 値段 平均 相場 2022年 最新 人気 ランキング 子犬販売
Pocket

モコモコの毛並みに陽気で温和な性格が大人気のラブラドゥードル。

ラブラドゥードルは、元々アレルギーのある視覚障害者の為の盲導犬として1970年第半ばに誕生しました。

盲導犬としての適性を持ち合わせているため、性格も温和で飼いやすく家庭犬としても大人気な犬種になりましたね。

ケロっぴ
ケロっぴ
あのぬいぐるみのような見た目が可愛いよね。

そんなラブラドゥードルの子犬のお迎えを検討している方に向けて、子犬販売の平均値段相場や2022年の最新人気色ランキングをご紹介します。

最近のミックス犬ブームにより、ペットショップでもよく見かけるようになりましたが、まずお迎えを検討する前に、値段や平均相場が気になりますよね。

特にラブラドゥードルは毛色も豊富で人気色などは希少価値があり、金額も上がってくるでしょう。

2022年最新のランキングなどで人気色を調査して、少しでもお得な値段でお迎えするのもありだと思います。

まずは、気になる子犬販売の平均相場からみていきましょう。

 

ラブラドゥードルの子犬販売の平均値段相場は?

ラブラドゥードルはラブラドール・レトリバーとプードルのミックス犬です。

似た犬種としてオーストラリアン・ラブラドゥードルがいますが、別の犬種とされているのをご存知ですか?

オーストラリアン・ラブラドゥードルはラブラドールとプードルを主体にアメリカンコッカスパニエルなど他4種の犬種の血統を継いで誕生しています。

見た目での区別は難しいほど似ていますが、決定的な違いとしてオーストラリアン・ラブラドゥードル同士での繁殖により生まれているんです。

ケロっぴ
ケロっぴ
名前の同じだしこんがらがるよね。

そして日本での繁殖は千葉県茂原市1ヶ所のみで、厳重に管理されていて、通常のペットショップでは販売されません。

ラブラドゥードルといえばオーストラリアン・ラブラドゥードルと認識する人も多く、またその逆もいます。

しかしこの2種類は販売方法や金額が全く異なるので混乱してしまいますよね。

そこで今回は分かりやすく、2種類の情報を別々にご紹介していきたいと思いますので、どうぞご覧ください。

 

ラブラドゥードルの子犬販売の平均相場30~40万円!

ラブラドゥードルの子犬の平均相場は30~40万円です。

その愛らしい風貌と飼いやすい性格が認知されてきて、ジワジワと金額が上昇しているようです。

またプードルの遺伝により毛色のバリエーションが多く、大きさも3種類あるんですよ。

人気色などの個体は金額がより高額になりやすくなります。

また、大きさによっても金額が異なりますのでまず大きさのご紹介をしていきます。

大きさの表記

成犬時体重 大きさ
7~12kg ミニチュア
13~20kg ミディアム
21kg以上 スタンダード

プードルのサイズにより大きさが変わるようです。

しかし、ラブラドールが大型犬なので、ミニチュアサイズで購入しても、大きく成長してしまう場合もあります。

日本で人気があるのは、一番小さいミニチュアサイズで、金額にも反映されるでしょう。

 

オーストラリアン・ラブラドゥードルの平均相場は55~80万円!

オーストラリアン・ラブラドゥードルの平均相場は55~80万円です。

ラブラドゥードルに比べて高額になりますね。

それには、オーストラリアン・ラブラドゥードルの特殊な繁殖方法や、本場オーストラリアからの認定ブリーダーが日本で1ヶ所しか認められていない事にも関係しているんです。

オーストラリアン・ラブラドゥードルの繁殖犬は、一般の家庭で普通のペットと同じように飼い主の愛情を注がれて育てられます。

そして繁殖に協力する時にだけ、繁殖場所に連れていくという事です。

繁殖に協力する年齢は6歳の誕生日前日までという決まりがあり、その後は必ず去勢、避妊手術を受け、育てられた家庭でペットとして生涯暮らします。

無理な繁殖が出来ないような仕組みになっているんです。

そして日本で繁殖場所が1ヶ所だけという事で数もそれほど多くならず、希少な犬種として人気があります。

他にも高額になる理由としては、犬種が確立されているので、ミックス犬特有の個体差が出にくく安定しているという事もあるようです。

 

2022年最新の人気色ランキングも紹介!

ラブラドゥードルはプードルの遺伝を引き継いでいるので、カラーバリエーションが豊富なところも魅力の一つでしょう。

ケロっぴ
ケロっぴ
どの色が人気なのかな?

次は、2022年の最新人気色をランキング形式でご紹介しますね。

 

2022年最新人気色ランキング発表!一番人気はゴールド!

まずは、ラブラドゥードル、オーストラリアン・ラブラドゥードルの最新人気色をご覧ください。

順位
1位 ゴールド
2位 レッド
3位 パーティ
4位 クリーム
5位 カフェ

一番人気はゴールド

ラブラドールレトリバーの色に近い薄い茶色系が人気ですね。

そして近年人気急上昇中なのが、パーティカラー

パーティカラーとは、全身の半分以上がホワイトで、他にゴールドやレッド、ブラックなどのいずれかの色のぶちが入っているカラーになります。

頭の色は白以外の色が一色、またその色が左右対称に入っていると希少価値があり、人気があるようです。

他の子と同じ配色バランスがないのも個性的で魅力ですね。

 

色のバリエーションはなんと14種類!

ラブラドゥードルとオーストラリアン・ラブラドゥードルは14色ものカラーバリエーションがあるのでご紹介します。

 

チョークホワイト

ホワイトですが、真っ白というよりはチョークのような白い色をしています。

 

キャラメル

クリームより少し濃い色で頭の先からつま先まで、被毛全体で一貫しています。

ローズ色の鼻を持っているのも特徴です。

 

ゴールド

熟したアプリコットの内側のような色。

子犬の時から毛皮の根元が端や先端よりも明るくなくてはなりません。

 

レッド

ゴールドよりも濃く赤く見える毛色です。

全身が均一の色で覆われています。

 

カフェ

ミルクチョコレートからシルバー系のベージュまでの色です。

3歳頃までに退色をし、最終的にはシルバーのような色になります。

 

ブラック

全身がブラックで統一されていて、他の色は一切混じりません

 

パーチメント

チョコレートのような、ミルクを入れすぎたコーヒーのような色です。

他の色は混ざらず、全身の色が統一されています。

 

クリーム

真っ白ではなく少しアプリコットやゴールドが入っているような優しい色合いです。

 

チョコレート

ダークチョコレートのお菓子に似たような非常に濃い色をしています。

照明により、黒に見えるときもあるほど濃い茶色で、鼻はローズからバラ色に近い茶系です。

 

ブルー

非常に色が濃く、黒に見えます。

太陽光の下で見ると濃い黒の被毛と青みがかったグレーの肌で生まれ、その後徐々に明るくなりスモーキーな黒と青の色合いになるようです。

 

ラベンダー

スモーキーなラベンダー色に、ほのかにチョコレート色が混じったような色合いです。

成長と共に、ピングがかった明るい色になります。

 

パーティ

基本の色は白で別の色がぶちで入ります。

ぶちの色は黒からゴールドの薄い色まで様々です。

 

ファントム

一つのベースカラーを持ちながら、それぞれの目の上や、マズルの両側、喉、胸やあごの前にもはっきりとした異なるカラー配色があります。

 

アブストラクト

ベースカラーの他に首から胸にかけて白色や茶色など別の色が入ります。

 

14種類もの豊富な色のバリエーションを持つラブラドゥードル。

どの色がしっくりくるのか、これだけあるとなかなか決められませんよね。

 

まとめ

今回は、ラブラドゥードルとオーストラリアン・ラブラドゥードルの平均値段相場と2022年最新人気色ランキングをご紹介しました。

ラブラドゥードルの人気上昇とともに値段の平均相場も少し上がってきているようです。

また、色のバリエーションも多く人気色によっては金額に差が出てきますので、ランキングと睨めっこをしながら検討してみるのも良いでしょう。

最近は、ペットショップでも子犬販売をしており、街を散歩していてもよく見かけるようになりました。

ケロっぴ
ケロっぴ
お迎えする手段が増えるのは嬉しいね。

ただ、オーストラリアン・ラブラドゥードルに限っては1ヶ所でしか取り扱っていないので注意が必要です。

その他の子犬販売は海外のブリーダーからの輸入買取になりますので、値段も少し高額になってくるでしょう。

今回は、2022年以降もますます人気が出そうなラブラドゥードルの最新情報をご紹介しました。

ぜひ可愛いラブラドゥードルのお迎えの参考にしていただけたら幸いです。