里親・譲渡会

三重県で子犬の里親【小型犬】の譲渡会場所どこ?カインズホームやペットショップの売れ残りを引き取りたい時の方法も調べてみた

三重 ペットショップ売れ残りの犬を引き取りたい 譲渡会 場所 里親 費用 2022年 最新 速報
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
Pocket

ワンちゃんをお迎えしようとした時、まずはペットショップに子犬を見に行かれる人が多いのではないでしょうか。

ペットショップに行けば沢山の可愛い子犬たちを手軽に見れて、時には抱っこさせてもらえたりと、とても便利ですよね。

しかし、子犬たちがすべて飼い主さんに引き取られれば良いですが、時には売れ残ってしまう犬もいるんです。

そんなペットショップ売れ残りの犬を引き取りたい

と考えている方へ、今回は場所を三重県に絞って売れ残り犬の里親になるための最新速報をご紹介していきます。

ケロっぴ
ケロっぴ
参考になる情報がたくさんあるよ。

ペットショップ売れ残りの犬を引き取りたいとは思っていても、譲渡会の場所や費用の事などわからないことも多いですよね。

そこで今回は、三重県の2023年最新速報の譲渡会場所や費用などを調査してみました。

 

【三重】ペットショップの売れ残り犬を引き取りたい時はどうする?

いつ見にいっても可愛い子犬たちがたくさんいるペットショップ。

そんなペットショップの店内に少し大きめのケージに入れられて、周りより大きく成長した犬がいるのを見た事ありませんか?

実は、ペットショップの子犬は2~3ヶ月の間が一番売れやすいのだとか。

ケロっぴ
ケロっぴ
小さい子犬の頃はやっぱり可愛いよね。

しかし、4ヶ月を過ぎてしまうと値下げをしても中々貰い手が見つからないことも多いのです。

さらに、1歳を過ぎる年齢の犬が売られているところは殆ど見かけません。

では、ペットショップ売れ残りの犬を引き取りたい時はどうすれば良いのでしょうか?

まずは、ペットショップ売れ残りの犬を引き取るための方法について調査してみましたのでご覧ください。

 

ペットショップ売れ残りの犬を引き取りたい時は三重県動物愛護推進センターへ問い合わせてみよう!

三重県では、ペットショップ売れ残りの犬を引き取る方法が確立していないのが現状です。

しかし、三重県が運営している動物愛護推進センターの「あすまいる」という保護施設があり、犬の保護や譲渡などを積極的に行なっています。

こちらでは、三重県で引き取られた犬や猫の殺処分が、将来的になくなることを目指し、日々業務に取り組んでいるんですよ。

時にはペットショップ売れ残りの犬が保護されている可能性もあるはずです。

保護施設に直接問い合わせて、保護された経緯などを聞いてみると良いのではないでしょうか。

こちらに情報を載せますので、ぜひ問い合わせてみてくださいね。

 

売れ残りの犬がいないかペットショップへ直接問い合わせてみる!

ペットショップ売れ残りの犬は、大型の店舗の方が数も多いでしょう。

大型のチェーン店では販売中の子犬を別の店舗に移動させることはよくあります。

それは色々な地域で販売したほうが、多くの人の目にとまりやすく売れやすくなるからです。

また売れ残ってしまった犬も同様で、同じ系列の別の店舗へ移され、値下げされて販売することも珍しくありません。

大きめのケージに入れられた5~6ヶ月の子がいつの間にかいなくなっている事もありますよね。

ケロっぴ
ケロっぴ
そうなんだよ!今までいた犬が居なくなったから聞いたら移動したって言ってたよ。

飼い主さんが無事に決まり引き取られた可能性もありますが、別の店舗に移動している事もよくあるんですよ。

そこでペットショップの店員さんに売れ残りの犬が居ないか確認してみると教えてくれる場合があります。

この場合は販売価格が掛かりますが、値段の交渉が出来る可能性もありますので、問い合わせてみる価値はありそうですね。

 

三重県での譲渡会の場所や里親費用は?

ペットショップで売れ残って行き場を無くした犬たちが保護団体に保護され、譲渡会に参加している場合があるんです。

もちろんペットショップからだけでなく、譲渡会には様々な事情により保護されている犬が沢山来ています。

しかし、複雑な事情を抱えた保護犬を成犬から飼うのは難しいと思っている人もいるのではないでしょうか?

たしかに、飼うのに躊躇してしまう気持ちもわかりますが、まずは足を運んでみませんか?

ケロっぴ
ケロっぴ
まずは行動してみよう!

自分にピッタリ合うパートナーとの出会いが待っているかもしれませんよ。

 

2023年最新三重県の譲渡会場所を2カ所ご紹介!

次に、三重県の譲渡会を開催している団体を2つご紹介します。

あなたの希望に合う譲渡会場所はあるでしょうか?

それでは、早速ご覧くださいませ。

 

W・N・P(ワンニャンプロジェクト)

はじめにご紹介しますのは、三重県津市で活動されているボランディア団体の「W・N・P(ワンニャンプロジェクト)

こちらは殺処分される犬猫の保護や劣悪な環境下で飼育されていた犬をレスキュー、保護する団体です。

また、国際セラピードッグ協会の協力の元、保護した野犬をセラピードッグの訓練会に参加させ、人との共生を目指しているんですよ。

犬の譲渡に関わるお見合いやトライアルは、直接問い合わせて確認する必要があります。

また、土日を中心に定期的に譲渡会を開催していますので、チェックしてみてください。

 

一般社団法人動物福祉ムック王国

次にご紹介するのは、三重県鈴鹿市にある「一般社団法人動物福祉ムック王国

ムック王国では、三重県鈴鹿市・津市・四日市市・亀山市を中心に、次のような活動をしています。

  • 行き場を失った動物の里親探し
  • 動物愛護の啓発
  • エステ、メイクのチャリティイベントや、フリマで他ボランティア団体への支援
  • 民間からの動物の相談

こちらも定期的に譲渡会を開催しています。

まずは、譲渡会に見学に行かれてみるといいでしょう。

譲渡会は毎月第三日曜日に開催しています。

 

里親になるための費用は約2~10万円!

犬の譲渡には、2万〜10万円ほど費用が掛かるのが一般的です。

これは犬の生体金額ではなく、医療費やマイクロチップ代などの経費の支払いとなります。

しかしその前に、トライアル期間など譲渡のための手続きや条件をクリアしていく必要があるんです。

実は、譲渡会で理想のワンちゃんに出会えたとしても、そのまますぐに連れて帰ることはできません。

保護団体ごとに譲渡するための条件があり、その条件のクリアが大前提になります。

内容は保護団体によって異なりますが、引き取った犬を最後まで責任を持って面倒を見ることを約束するための条件です。

ケロっぴ
ケロっぴ
もう二度と保護犬にはなってほしくないからね。

そして正式な譲渡前には殆どの団体が、トライアル期間というものを設けています。

トライアル期間は何をするのかというと、犬の飼育に適している環境なのかの確認、そして飼い主や先住犬などとの相性を確かめるための期間です。

その期間を経て保護団体の職員と、飼い主さん双方が納得した場合に、晴れて正式譲渡となるでしょう。

譲渡会に参加してから正式譲渡まで、長い道のりに見えますが、お互いの幸せのために必要な時間なのです。

 

まとめ

今回はペットショップ売れ残りの犬を引き取りたい!

そう検討している方へに向けて、三重県の譲渡会場所の2022年最新速報や里親になるために必要な費用までご紹介してきました。

お店にいる小さな子犬たちを見るととても可愛く、みんな幸せになってほしいと思いますが、現実には過酷な状況に置かれてしまう犬たちもいます。

しかし、ペットショップでは売れ残りの犬がどうなるかまで教えてはくれない所が殆どなので、行き先はとても分かりずらいですよね。

ペットショップ売れ残りの犬を引き取りたいと思ったら、まず保護施設などに問い合わせててみることが必要になります。

ケロっぴ
ケロっぴ
売れ残りの犬もみんな幸せになってほしいよね。

2022年以降も引き続き、譲渡会の場所や里親になるための方法、費用などの最新速報をお伝えしていく予定です。

週末はぜひ可愛いワンちゃんに出会うため、三重県の譲渡会場にお出かけしてみてはいかがでしょうか。