ミックス犬

ミックス犬は飛行機が危険?ダメな種類と理由を紹介!

ミックス犬 飛行機  危険 ダメ 種類 理由
Pocket

皆さんはワンちゃんと一緒に旅行したいと思ったことはありますか?

普段よく散歩している自宅の周辺とはまた違って、旅先にはたくさんの刺激があり、人間にとってもワンちゃんにとっても気分がリフレッシュするものです。

でもワンちゃんと行く旅行は楽しみでもある反面、慣れていないと分からない事だらけで不安なこともいっぱいですよね。

中でも特に悩んでしまうのが移動手段。

ケロっぴ
ケロっぴ
車以外だと電車や新幹線、あとは飛行機?あれ?飛行機って犬は乗れたっけ?

実は私も普段から愛犬と色々な場所に行ってるんですが、これまでに飛行機だけは一緒に乗った経験がありません。

その理由は飛行機に犬を乗せることに、なんとなく危険なイメージを持っているから。

でも、そんな曖昧なイメージだけで飛行機という選択肢をダメにしてしまうのは、ちょっともったいないですよね。

今回は人気急上昇中で、特に種類も豊富なミックス犬にクローズアップしてみました!!

ミックス犬を飛行機に乗せるのは危険と言われる理由と、飛行機に乗せるのはダメな種類について深堀りしていこうと思います。

 

ミックス犬は飛行機が危険?

ひと昔前、犬を飼っていると旅行に行けなくなるというのが定説でした。

今でも行きにくいと感じる人も多いかもしれませんが、SNSを見ていると、愛犬と一緒に旅を楽しんでいる飼い主さんも増えている印象があります。

その移動手段として選択肢の1つである飛行機での旅。

ミックス犬に限った話ではありませんが、飛行機での空の旅を楽しいものにするために、正しい知識を持っておく必要があります。

 

そもそも飛行機に犬は乗せていいの?

普段車でワンちゃんとお出かけをしている人でも、飛行機を利用するとなると一気にハードルが上がってしまうもの。

車は便利ではありますが、そこまでの長距離移動には適していません。

たとえば東京在住の方であれば、沖縄や北海道あたりに愛犬を連れて旅行または帰省するとなると飛行機を利用しない事には難しそうです。

ケロっぴ
ケロっぴ
ていうか、そもそも犬って飛行機に乗れるの?

結論から言うと、犬を飛行機に乗せることは条件付きで可能です。

航空会社によって規定が微妙に異なる部分もありますが、大手の航空会社であれば概ね大型犬まで受け入れOKだったりします。

ただし、どんなワンちゃんでも搭乗可能という訳ではありません。

ワンちゃんの犬種、ミックス犬の種類によっては搭乗できないといったケースも。

その部分に触れる前に、ワンちゃんを飛行機で移動させる際のメリットとデメリットについて、次の項目で解説していきますね。

 

飛行機に犬を乗せるメリットとデメリット

飛行機での移動の最大のメリットは、何と言っても移動時間の短さではないでしょうか。

日本国内での移動に限って言えば、東京を起点に2時間弱の移動時間で北は北海道、南は九州・沖縄まで移動できるのが飛行機の強み。

ケロっぴ
ケロっぴ
新幹線移動だと近場でもない限り、そんな短時間では行けないからね!

また慣れていない場所への移動に、ワンちゃんもストレスや不安を感じると思いますので、飛行機での短時間の移動はワンちゃんの身体に対する影響が少ないのではないかと考えられます。

逆にデメリットとして挙げられるのは、飼い主さんと離れることによるストレスや飛行機と言う未知のものに対する恐怖感でしょう。

特に普段から飼い主さんにべったりなワンちゃんですと、ちょっとの時間でも離れることによって相当なストレスがかかってしまいます。

そして残念ながら、飛行機にワンちゃんを乗せるときは客室に一緒に乗せることが出来ないため、預かり荷物として貨物室に入れて輸送することになるので、離着陸時の音や振動などに恐怖を感じてしまう子も多いそう。

ケロっぴ
ケロっぴ
まあ、人間でも飛行機が苦手な人もいるから、犬だって怖いと思うよ~

また普段から、地震や雷などに敏感な子もストレスを感じやすいので、飛行機での移動には注意が必要になってきます。

そして、意外と怖いのは熱中症によるワンちゃんの体調不良。

ワンちゃんが乗せられる貨物室は温度調整をしっかり行っているとはいえ、移動する時期によっては室温が上がりやすくなってしまい、熱中症にかかってしまうケースもあるとか。

熱中症に関しては次の章でまた取り上げますが、飛行機での移動を考えている方はワンちゃんを飛行機に乗せるメリットとデメリットをしっかり把握した上で、乗せる必要があるってことですね。

 

飛行機がダメなミックス犬の種類と理由を紹介!

ここまでは犬を飛行機に乗せる上でのメリット・デメリットを紹介してきました。

そして、前章の最後にちょこっとだけ触れた熱中症に気を付けたい犬種について、ここでは触れていきたいと思います。

また、異なる犬種の掛け合わせであるミックス犬の場合はどうでしょうか?

他の犬種と比べて、何か注意点などがあるかなども合わせて見ていきます。

 

飛行機に乗せるのはダメなミックス犬の種類

現在、飛行機で犬を輸送できる航空会社の中でも、預かり自体が出来ない特定の犬種が存在します。

それは短頭種に分類される犬種。

ケロっぴ
ケロっぴ
いわゆる鼻ぺちゃ犬って呼ばれてるワンちゃん達のことだね

その代表的な短頭種の犬種がこちらになります。

・フレンチブルドッグ
・ブルドッグ
・パグ
・シーズー
・ペキニーズ
・ボストンテリア
・ボクサー
・チャウチャウ
・ちん(狆)
・キングチャールズ・スパニエル etc

中でもブルドッグ、フレンチブルドッグは他の犬種よりも航空機内での輸送環境によるリスクが高く、搭乗不可にしている航空会社がほとんどです。

あくまでも代表的な短頭種の犬種の一例になるため、リストに載っていないから大丈夫と思わずに、ご自身の飼っている愛犬が搭乗できるかどうかは、各航空会社の規定をチェックしてみてくださいね。

そして、実は判断が微妙に難しいのがミックス犬

各航空会社の搭乗不可犬種にミックス犬の名前は出てきません。

ケロっぴ
ケロっぴ
じゃあミックス犬は乗れるんじゃないの?

乗れるかもしれないし、乗れないかもしれない…のがミックス犬の現実です。

というのも、親犬同士が異なる犬種なのがミックス犬なので、どちらの親犬も短頭種だった場合や片親が短頭種だった場合、短頭種リストに名前が出ていないミックス犬でも、やはりリスクが全く無いとは言い切れません。

少しでも不安な場合は航空会社に問い合わせるか、もしくはかかりつけの動物病院で飛行機の搭乗に耐えられるかどうかを確認してみるのがベターでしょう。

 

飛行機に乗せられない理由とは?

短頭種の犬種、および短頭種が混じっているミックス犬は元々暑さに弱い犬種。

これらはマズルが長い犬種に比べて呼吸器系が丈夫ではなく呼吸をしにくいというのもあって、熱中症にかかりやすいと言われています。

特に夏季のシーズンはNGになっている航空会社が多く、一部は通年NGの会社もあるほど。

実際、過去にも国内外で飛行機内でのワンちゃんの死亡事例もありました。

そういったことがあったために、それ以降は短頭種の犬種は搭乗不可に指定されてしまったのが現状です。

またワンちゃんを飛行機に乗せる際には、輸送中のペットの死傷に対する同意書に飼い主さんのサインが必要になるため、もし万が一の事が起こっても航空会社に責任は問えません。

ケロっぴ
ケロっぴ
飛行機に乗る同意をした飼い主さんの責任と判断されちゃう訳ね

楽しい旅行のはずだったのに、なんでこんな事になってしまったんだろうと後悔しないためにも、マズルの短い短頭種が混じっているミックス犬であるならば、飛行機に乗せることのリスクを頭の中に入れておいた方がいいかもしれませんね。

 

ミックス犬を飛行機に乗せる場合の注意点

ミックス犬に限らず、全ての犬種にも当てはまりますが、飛行機に乗る際に気を付けるべきポイントをいくつか挙げたいと思います。

まずは、愛犬を普段からクレートに慣れさせておくこと。

飛行機での移動の場合、ワンちゃんはクレートに入れて貨物室で輸送されます。

慣れてないワンちゃんをいきなりクレートに入れるのは、ワンちゃんにとってますますストレスがかかってしまうため、なるべく普段からクレートトレーニングをしておいた方が良いでしょう。

クレートは普段使い慣れている物を持参してもいいですし、各航空会社でも無料で貸し出してくれますよ!

ちなみに、ワンちゃんは預かり荷物という扱いになってしまうため、航空会社によってだいたい4000~6500円前後の輸送料金がかかってきます。

その他にも、成長途中の子犬やシニア犬、病気を抱えているワンちゃんなどは体調不良を起こす可能性が高いため、なるべく飛行機での移動は避けた方が無難です。

 

まとめ

今回はミックス犬を飛行機に乗せるのは危険だとされる理由と、ダメな種類のミックス犬についてまとめてみました。

実際のところ、国内での犬の飛行機内での死亡率は0.02%と言われており、確率でいえばかなり低いので、一概に危険な乗り物だと断定してしまう理由にはなりません。

もし愛犬であるミックス犬の種類に短頭種が混じっているワンちゃんならば、飛行機での旅行はダメでも他の移動手段も考慮に入れて、快適で楽しい旅行に出来るように計画を立ててみるのも一つの手。

また、最近ではワンちゃんを客室に乗せられる航空会社もあるようで、自分の隣に乗せることでワンちゃんに安心してもらいながら空の旅を楽しむ事も出来るとか!

ケロっぴ
ケロっぴ
それはかなり画期的だね!

せっかくの愛犬との旅行。

ワンちゃんとの楽しい思い出を作るために、飼い主さんが正しい知識を持って、安心安全な旅を楽しんでみてくださいね!!