里親・譲渡会

高知でペットショップ売れ残りの犬を引き取りたい!2022年最新の譲渡会場所や里親費用を調査!

高知 ペットショップ売れ残りの犬を引き取りたい 2022年 譲渡会 場所 里親 費用
Pocket

とても感情豊かで忠誠心もある犬は、昔も今もペットとして大人気!

2022年もその絆に憧れ、多くの人が犬との生活を楽しみにしていることでしょう。

犬を迎え入れようと考えたとき、真っ先に思い浮かぶ場所がペットショップですよね。

ケロっぴ
ケロっぴ
ショッピングセンターに入っていたりして、身近でしょ♪

ですが、ペットショップには子犬だけではなく、少し大きくなった犬も見かけますよね。

このコには素敵な飼い主さんが見つかるのかな?と、不安に思うこともあるのではないでしょうか。

そこで今回は、ペットショップ売れ残りの犬を引き取りたい方のために2022年最新情報をお届けします!

場所は高知県に絞り、ペットショップの売れ残りの犬を引き取る方法や、費用を抑えて犬の里親になれる譲渡会も調べてみましたよ♪

最近テレビやメディアで取り上げられることが多くなった譲渡会ですが、里親になるための費用やどんな場所で開催しているのか、あまり知られていないこともありますよね。

オススメの譲渡会や保護団体もいくつかご紹介しているので、高知県周辺でペットショップ売れ残りの犬を引き取りたい方はぜひ参考にしてみてください(^-^)

 

高知県でペットショップの売れ残りの犬を引き取る方法をご紹介!

ペットショップで販売している犬たちは血統書がついている犬も多く、驚くような値段で売られていることがあります。

さらに、子犬の両親がドッグショーなどでチャンピオンになっていると、付加価値がつくようですね。

初めて犬の価格を見た方は、ビックリするのではないでしょうか?

好条件が揃っていて売れ時の生後2.3ヶ月の子犬が、一番高い値段を付けられる傾向にあります。

ケロっぴ
ケロっぴ
そんなに高い値段の犬って、ポンポン売れるのかな?

ペットショップで売れ残ってしまい、飼い主さんに巡り合えなかった犬はどうなるのか。

ほんの一部ですが、これから情報をお伝えしていきますね!

 

ペットショップ売れ残りの犬を引き取る方法は主に2つ!

ペットショップで売れ残ってしまった犬を引き取るオススメの方法は、主に2つあります。

それは、

  1. セール価格の犬を購入する。
  2. 譲渡してもらう。

この2つの方法ですね。

購入する場合、お店によって時期やタイミングは違いますが、売れ残ってしまった犬は何度か値段を下げて売られることも多いのだとか。

大型のペットショップでは店舗間で犬たちを移動し合い、新しい出会いに繋げる努力もしていますよ!

ケロっぴ
ケロっぴ
急にいなくなっちゃう事もあって心配だったけど、良かった♪

もう1つは、譲渡してもらうことです。

成犬近くになった犬は、ブリーダーの元に戻ったり動物保護団体に譲渡される場合があるそうですよ。

昔は保健所に持ち込まれたりするといった噂がありましたが、現在は動物愛護法が改正されたため実行することは難しいと思われます。

もしかしたら、お近くの譲渡会などにペットショップの売れ残りのコもいるかもしれませんね(^-^)

 

高知県には生体販売をやめて譲渡会をメインにするペットショップがある!

高知県南国市にあるペットショップ「アシストファーム」は、2022年3月に生体販売を終了しています。

生体販売をしていたブースを改装し、代わりに譲渡会を毎日開催しているんですよ!

動物愛護の観点から一歩先を行く取り組みは注目を集め、新聞にも掲載されました。

ペットショップの生体販売に反対する声が広がる中、「最初の一歩」を踏み出した企業なんですよね(^^)

ケロっぴ
ケロっぴ
お店の大きな売り上げがなくなるということだし、勇気のいる決断だと思う!

多くの方々が生体販売に関心を持つきっかけとなり、今後も他のペットショップ関係者の心を動かすことでしょう。

これ以上不幸な犬を出さない取り組みが、全国に広まるといいですね♪

 

高知県で2022年に開催される譲渡会の場所や里親になる費用を調査!

皆さんは自分が住んでいる県や市に、動物愛護の啓発活動や譲渡を行う「動物愛護センター」があるかご存じですか?

保健所と比べると積極的に譲渡やボランティア団体と連携してイベントを行っているのですが、高知県にはまだ愛護センターがないんです。

ケロっぴ
ケロっぴ
中央小動物管理センターも頑張っているけど、建物も老朽化が進んでいて大変なんだって…

2021年にボランティア団体が愛護センターの設置を求めて高知県に署名を提出しましたが、新しい施設ができるのは少し時間がかかりそうですね。

現在は高知のボランティア団体が協力し、保健所から犬を引き取るケースも多いのだとか。

ペットショップ売れ残りの犬を引き取りたいとお考えの方は、譲渡会でも行き場を探してる犬と出会うことができますよ!

ぜひ色々なところに出かけて、素敵なご縁を探してみてください(^-^)

 

【2022年最新速報】高知県の譲渡会に行くのなら「アシストファーム」がオススメ!

それでは早速、高知県の譲渡会情報を見ていきましょう!

オススメの場所は、前にもご紹介した「アシストファーム」です。

お店が開いている日ならいつでも見に行けるいうことは、ふらっと立ち寄った方にも譲渡犬について考えてもらうチャンスを増やしているということ。

店内も改装をして綺麗になっているそうなので、お近くの方はぜひ足を運んでみてくださいね(*^^*)

 

アシストファーム

ペットショップ「アシストファーム」は2022年1月31日に犬猫展示販売を終了し、2022年3月13日から店舗の一部スペースを保護活動団体に貸して譲渡活動を行っています。

現在譲渡を行っている保護団体は、「アニマルサポート高知家」と「なまえのない猫」の2つだそうですよ♪

曜日によっては里親募集中の犬がいない場合もあるので、事前にホームページで確認していきましょう。

  • 開催日:毎日開催(臨時休業もあるので、ホームページでご確認ください)
  • 時間:11時~16時
  • 場所:高知県南国市篠原114
  • ホームページ:アシストファーム

 

アリスペットクリニックグループ happiness – ハピネス

アリスペットクリニック」は小動物管理センターや保護団体から引き渡された犬の治療を行ったり、譲渡前の避妊去勢やマイクロチップ装着などをしている施設です。

アリス動物医療センター駐車場奥のドッグガーデンで、定期的に譲渡犬が参加するカフェを開催中!

今は犬の里親になれないという方でも、カフェで犬と触れ合うことで犬たちの幸せに協力できるんですよ(^^♪

ケロっぴ
ケロっぴ
え?そうなの??

人間と触れ合う機会が増えれば人慣れしますし、多くの方が気に入ってくれる可能性が上がりますからね。

カフェの利用には1時間1000円かかりますが、家族で行くと割引があるのだとか。

ぜひみんなで日程を合わせて、可愛い犬たちに会いに行ってみてください(^-^)

※日程や時間の変更があるので、ツイッターでチェックをお願いします)

 

高知県で譲渡犬の里親になるための費用は1万5千~5万円!

高知県の動物保護団体や管理センターで犬を引き取る場合、費用は1万5千~5万円ほどを目安に用意しておくといいでしょう。

実際にホームページやSNSで調べたのですが、高知県では譲渡の際にかかる明確な金額を掲載している団体が見つかりませんでした。

ケロっぴ
ケロっぴ
譲渡に関する条件とかは書いてあるんだけどなぁ…(´;ω;`)

他の県の動物保護団体では、医療費や登録料で1万5千~5万円かかると言われています。

高知県も譲渡犬の生体料金は無料だと思いますが、その他の費用が必要になる場合も考えられますよね。

気に入ったコとお見合いする際などに、お迎えを考えている施設や保護団体に直接問い合わせてみてください(*^^*)

 

まとめ

さて、今回はペットショップの売れ残りの犬を引き取る方法や費用についての情報をお送りしましたが、いかがでしたか?

高知県の2022年最新情報では、生体販売をやめて保護団体に譲渡会の場所を提供しているペットショップも見つかりましたね。

ケロっぴ
ケロっぴ
ペットショップ側も買う側も、意識が変わってきてるのを感じるな♪

ペットショップ売れ残りの犬を引き取りたい方は、ぜひ譲渡会の利用も選択肢の中に入れてみてください。

里親になる際の費用も抑えることができますし、保護団体さんがしっかりお世話してくれた犬は、基本的な躾ができていることが多いというメリットもあります。

ペットショップ売れ残りのコに会えるだけでなく、素敵な出会いがある場所になるかもしれませんよ(^^♪

今後も譲渡会の場所や活動内容が広まり、「ペットショップ売れ残りの犬を引き取りたい」という声から「譲渡で犬の里親になりたい」という声に変わるといいですね。

2022年も高知県の動物保護団体さんや施設の方々は、忙しい中本当に頑張ってくれていると思います。

保護団体への寄付や必要な物資を送ることでも十分力になれるので、各々無理のない範囲で協力していきましょう(^-^)