ポメプー

ポメプー抜け毛【猿期】は多いor少ない?実際に飼ってみた感想やおすすめブラッシング方法!

ポメプー 抜け毛 多い 少ない 感想 おすすめ ブラッシング 猿期
Pocket

犬を新しく迎える際に抜け毛の問題って特に気になりますよね。

抜け毛が少ない特徴の犬種もたくさんいますが、ミックス犬のポメプーはどうなんでしょうか?

プードルのように抜け毛が少ないのか、それともポメラニアンのように抜け毛が多いのか気になるところ。

ポメプーのように、両親が全く違う特徴だと想像がつかないですよね…(;_;)

ケロっぴ
ケロっぴ
多いの?少ないの?全く見当がつかないなぁ。

それにポメラニアンの飼い主さんがよく悩んでいるのが猿期の問題。

ポメラニアンの血を受け継いでいるポメプーも猿期があったりするんだとか…(>_<)

ケロっぴ
ケロっぴ
色んな場所の毛がたくさん抜けるんだって!

これからポメプーを迎えたいと思っている方は少し心配になりますよね。

他には、

「みんなは抜け毛対策ってどうしてるの?」

「ブラッシングが大事とは聞いたことがあるけど、効果的なやり方は?」

などなど、実際に飼っている人の感想やおすすめの抜け毛対策も知りたいところ。

そこで今回はポメプーの抜け毛や猿期についてご紹介していきたいと思います。

実際に飼ってみた感想や、抜け毛対策に必要なおすすめのブラッシング方法なども公開させていただきますので、ぜひ最後までご覧ください(^^)/

 

ポメプーって抜け毛【猿期】は多いor少ない?

猿期とは、子犬の毛から大人の毛に生え変わる換毛期のことを言います。

特に毛量の多いポメラニアンに起こりやすく、体、尻尾、鼻回りや目の周りの毛が大量に抜けてしまうんだそう(>_<)

顔の中心部分と顔周りがはっきりするため、お猿さんのような姿になることから猿期と言われているんです。

 

ポメプーの抜け毛はどれくらい?

ポメプーはミックス犬になりますので、どちらに寄るかで抜け毛も量も変わってしまうんです。

親の個体の遺伝によって違いに差があり、ポメラニアン寄りだと猿期が起こったり、抜け毛は多いと言われています(>_<)

また、換毛期の時期には大量の抜け毛が発生するので入念なお手入れが必要になります。

ケロっぴ
ケロっぴ
だいたい犬の換毛期は、春と秋の季節の変わり目だと言われているよね!

一方で、プードル寄りだと抜け毛は少ないですが、毛玉やもつれやすい毛質になることが多いそうです。

換毛期などはないですが、その時期の抜け毛の量は多少増えるとのこと(;_;)

また、冬場になるとトイプードルのような毛質は静電気などで毛玉にもなりやすいんです。

そのため、ポメプーはどちらの毛質を受け継いでも、毎日のブラッシングやお手入れは欠かさず行うのが良いでしょう。

 

猿期の期間や注意点は?

猿期の期間は、生後4ヶ月頃から生後8ヶ月頃に起こるとされています。

ポメラニアンによく起こると言われていますが、全てのポメラニアンに起こる現象ではないそうです。

そのため、ポメプーも、必ずしも猿期があるとはかぎりません。

ケロっぴ
ケロっぴ
ポメラニアン寄りの子はもしかすると猿期があるかもね!

猿期はかなりの量の抜け毛が発生するんだそう…。

大量に毛が抜ける姿を初めて見る方は、何か病気なんじゃないかと心配になると思います。

ですが、子犬から成犬になる証拠ですので、心配しないでくださいね(>_<)

ただし、生後3ヶ月より前にこのような現象が起こる場合は注意が必要です。

皮膚や被毛が病気の可能性もあり、抜け毛以外に肌の赤みかゆみ、局部的な脱毛がないか確認しましょう。

ケロっぴ
ケロっぴ
そのままにしてしまうと皮膚病になってしまう恐れも…。

また、バリカンを使用するトリミングなども注意してください。

毛の生え代わりの時期に、バリカンなどを使ってしまうと、毛が生えてこなくなったり、毛質が変わったりする場合もあります(;_;)

出来るだけ控えて、換毛期が終わり全ての毛が生え揃ってから行うようにしましょう。

 

ポメプーを実際に飼ってみた感想やおすすめブラッシング方法をご紹介!

それでは、実際の飼い主さんの感想をご紹介したいと思います。

実際の声を聞くのが一番リアルで想像もしやすいですよね!

また、抜け毛対策に必要なおすすめのブラッシング方法も一緒に見ていきましょう(^^)/

 

実際に飼ってみた感想をご紹介!

実際の飼い主さんの感想をみると、やはりポメラニアン寄りのポメプーは猿期抜け毛が結構あるみたい…。

抜け毛が少なかったとしても、また毛玉や毛の絡まりの問題だってあるんですね(>_<)

ケロっぴ
ケロっぴ
どちらにしろお手入れは入念にした方が良さそうだね!

それにしても猿期は子犬の頃に起きることもあって、その姿はなんだかかわいいですよね(^-^)

猿期は、愛犬の成長であって、その姿もまた可愛いと成長を楽しむ飼い主さんも多く見られました。

飼い主さんの感想にもあったように、毛玉や絡まりがひどくなると、トリミングサロンでは別料金が発生することも…。

そうならないためにも日頃からお手入れは欠かせませんね!

 

抜け毛対策におすすめのブラッシング方法!

毛が生え変わる時期は、大量に毛が抜け落ち、部屋中にほこりのように舞うなんてことも…。

そこで、大切なのは毛が抜け落ちる前にブラッシングを行い、古い被毛を取り除くこと!

日頃から定期的にブラッシングを行っていれば大量に抜け落ちる心配はありません。

ブラッシングによって皮膚の新陳代謝と被毛の生え変わりが促進され、常に質の良い状態が保てるんだとか。

毎日ブラッシングすると犬の抜け毛が減りやすいとも言われているんです(^^)/

ケロっぴ
ケロっぴ
へぇ~そうなんだ!それはやらなくちゃっ!

また、抜け毛の少ないポメプーにも効果的で、毛玉になったり、毛が絡まったりなどの心配がありあません。

そうしたことから、換毛期や犬種に関わらず定期的なブラッシングはとっても重要なんです。

ブラッシングは愛犬にとって触られても嫌がらない所から始めましょう(^-^)

特に手足や頭は最後にしてあげるとスムーズに行くことも。

毛並みに逆らってブラッシングしてしまうと不快感を感じてしまうので、出来るだけ毛並みに沿って行ってください。

抜け毛を取り除くためには、スリッカーブラシを使い、毛並みを整えてあげるのはピンブラシやコームなどを使いましょう。

いきなり根元からブラシをかけてしまうと皮膚を引っ張ってしまう場合がありますので、毛先から数回にかけて優しくブラッシングしてあげてくださいね。

ブラシ選びや強さ加減を間違えてしまうと、皮膚トラブルにも繋がりかねません(>_<)

ケロっぴ
ケロっぴ
痛かったり、傷ついたりすると、愛犬がブラッシング嫌いになってしまう場合も…。

無理強いをせず、ご褒美のおやつなどを用意し、愛犬に楽しいものと理解してもらうのが継続する大事なポイントです。

 

まとめ

さて、今回はポメプーの抜け毛【猿期】は多いのか?それとも少ないのか?実際の飼い主さんの感想などもご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

ミックス犬なので個体差があったり、成長によって毛質が変わったりもします。

実際の飼い主さんの感想を見ると、ポメラニアン寄りのポメプーは、やはり抜け毛が多く見られ、猿期も起こるみたいですね!

猿期の写真を見てみましたが、本当にお猿さんみたいで、また別の可愛さがありました(^-^)

ケロっぴ
ケロっぴ
子犬の頃だから余計に可愛いよね!

また、抜け毛の多い少ないに関わらず、やはり毎日ブラッシングするのはおすすめです。

愛犬とコミュニケーションも取れますし、何より直接色んな所を触れることで異常を早期に発見することが出来ますよね。

ですので、ご紹介させていただいたおすすめブラッシング方法を参考に、ぜひ行っていただければと思います(^^)/

ケロっぴ
ケロっぴ
嫌がる子は徐々にブラシに慣れさせる練習から始めよう!

また、抜け毛を放置しておくと飼い主さんにも影響が…(>_<)

犬の抜け毛にはハウスダストの原因にもなり、アレルギーを発症してしまうなんてことも。

そうなってしまわないためにも抜け毛対策は大切ですね。

愛犬の為にも、ご自身やご家族のためにもお互いに快適にすごせるよう日々のお手入れは定期的に必ず行いましょう。