トイプードル

トイプードルを自宅で顔カットする手順!マズルや目の周りをバリカンで簡単にやる方法も紹介!

トイプードル 自宅 顔 カット 手順 マズル 目の周り バリカン 方法
Pocket

みなさんこんにちは。

今回はトイプードルを自宅で顔カットする手順について見ていきましょう。

マズルや目の周りをバリカンで簡単にやる方法もご紹介しますね!

中々トリミングサロンに行けない、老犬になってきたのでサロンに行くのがストレスになる…。

そんなトイプードルを飼っている飼い主さんにおすすめの方法をお教えします。

顔まわりや目の周り、マズルの部分は難しそうだなと思いますが、手順や方法をマスターすれば自宅でもバリカンでカットできちゃうんです。

トイプードルは定期的なカットが必要になる犬種でもあるので、ちょっとしたカットなら自宅で簡単にできちゃえばいいなと思いませんか?

ぜひ覚えてみてくださいね!

 

トイプードルを自宅で顔カットする手順!

トイプードルといえば多様なカットができるのが魅力ですよね。

まぁるいテディベアカットやバリカンを使った品のある仕上がり、脚やしっぽまで色々なカットの仕方が豊富で楽しませてくれます。

そして毛が伸びやすい犬種ですので頻繁に毛のお手入れをしなければなりません。

といっても…毎月トリミングサロンに行くのも費用がかさみますし、日頃忙しい方だと時間も確保しないといけないので色々と大変ですよね。

そこで最近は、自宅でセルフカットしている飼い主さんが多くなってきているんです。

もちろん、自宅でも手順とお手入れするうえの注意点を守れば可愛いカットスタイルが実現できちゃいます!

 

自宅で顔カットする時に用意するものは?

それでは実際に自宅で顔カットをする際に、揃えて用意するものを紹介します。

  • スリッカーブラシ
  • コームブラシ
  • はさみ
  • 高さ60センチくらいのトリミング台
  • ペット用のバリカン

はさみはスキバサミなど様々なはさみがあるといいようで、コームとハサミがセットになったものがネットに売られていました。

最初はセットで購入するのもいいかもしれません。

そしてスリッカーブラシは日頃の愛犬の被毛をブラッシングするのに必要なアイテムですので用意しておくといいでしょう。

トリミング台はトリマーさんが使っているような台にリード紐がついていて、座面が滑りにくくなっているので落下も防ぎやすく使いやすそうでした。

高さは60センチくらいで目の高さが合うような台が理想的ですが、代用できる台が自宅にあればそれを使うといいかもしれません。

 

トイプードルを顔カットする手順を紹介!

それでは、トイプードルを顔カットする手順はこちらになります。

  1. 全体をブラッシング
  2. カットする場所(顔)をブラッシング
  3. カット

この手順で行っていきましょう。

まず全体をブラッシングするのは、トイプードルのカールした被毛は絡まりやすく毛玉になりやすいからです。

毛玉やホコリ、余分な絡まった毛玉があるとムラの原因になりますので必ずほぐしておきましょう。

日頃でも目の細いスリッカーブラシを使って毎日ブラッシングすることで、ふわふわの可愛らしい毛を保つことがきるのでまめなブラッシングをおすすめします。

そのあとカットする顔の部分もブラッシングを忘れずに。

そして実際にカットに入っていくわけですが、ここでカットに入る前に注意してほしいことが…。

それは、愛犬が落ち着いているかどうかです。

そわそわしていたり落ち着いていない場合、ハサミやバリカンを使うと怪我をさせてしまう可能性があるので、撫でてあげたりお座りをさせたりして落ち着けるようにしましょう。

また、愛犬が落ち着くような環境や静かなところで行うようにするといいかもしれませんね。

落ち着きが確認できたら実際にカットに入っていきます。

 

トイプードルのマズルや目の周りをバリカンで簡単にカットする方法を紹介!

バリカンはマズルや目の周りをハサミよりも短く素早く簡単にカットできるので、ぜひ挑戦してみましょう。

夏のサマーカットの時など、愛犬にストレスをかけずスピーディーにカットすることができるのでおすすめです。

注意することを守れば自宅でも簡単にできますよ。

 

マズルや目の周りをバリカンで簡単にやる方法!

簡単で上手なやり方のコツは、バリカンを1ミリにして当てる角度を一定に保ちながら、長さは均一にするイメージで刈っていくことがポイントです。

クールでシャープな印象の『ラムクリップカット』は、マズル周りを短く刈り上げるカットでドックショーに出るトイプードルに多く、プードルといえばとイメージするヘアスタイルかもしれません。

目尻から耳の付け根までを一直線に結んだ『イマジナリーライン』を作ってまずは刈っていき、犬のアダムスアップル(喉仏にあたるもの)から指2本分下の位置と耳の付け根を一直線に結んだラインをV字に刈っていきます。

目と目の間は目頭から左右一直線で結びましょう。

下の唇はシワがあるので、伸ばしながら刈らないとうまく刈ることができないうえ、愛犬に怪我をさせてしまう恐れもありますので慎重に刈っていくといいですね。

バリカンの刃は皮膚と水平方向にしてゆっくりと動かしていくのがいいです。

 

トイプードルにバリカンを使う時の注意点は?

バリカンはスピーディーに毛を刈ることができメリットもたくさんありますが、注意することもあります。

最初にバリカンを使うとき、バリカンの音に愛犬がびっくりすることがありますので犬をしっかりと抑えながら行うようにしましょう。

また皮膚の弱い子は刃に負けて肌が荒れてしまったりすることもあるので注意が必要です。

あと、バリカンの電源を入れたままにしておくと刃が熱くなりやすく、火傷をしてしまうこともあるので都度都度切るようにしましょう。

愛犬に怪我をさせないようにするためには、十分バリカンに慣れさせるということも必要になってきます。

最初はバリカンを見せずに電源を入れて音に慣れさせ、次は電源を切ってバリカンを体に当てて慣れさせていきましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

トイプードルを自宅で顔カットする手順と、マズルや目の周りを簡単にバリカンでやる方法を紹介しました。

マズルや目の周りをバリカンでするのも慣れるまでは大変かもしれませんが、手順や方法を覚えて慣れてしまえば簡単にできてしまうのでカットの仕方が広がり色々なヘアスタイルを楽しむことができます。

また今トリミングサロンに行くことができない時など、トイプードルのような頻繁にカットが必要な犬種は自宅で顔カットすることができれば、費用もかからず私たちにとってもメリットになりますよね。

ぜひ、皆さんも挑戦してみてください!

ありがとうございました。