ダップー

ダップー里親【子犬】譲渡会の場所どこ?2022年度「譲ります」の声!

ダップー 里親 子犬 譲渡会 場所 2022年 譲ります
Pocket

最近では、以前より動物愛護の意識が高まっているように感じます。

何らかの事情で行き場を失ってしまった保護犬を引き取り、ともに暮らす人も増えてきましたよね。

ですが、2022年の現在も「犬を譲ります」という声はまだまだ後を絶ちません…。

ケロっぴ
ケロっぴ
出来ればいつかはそんな言葉無くなってほしいよね…。

そんなことから、ダップーの里親になりたいとお考えの方も多いのではないでしょうか?

しかし、犬の里親はいくつかの条件があったりと難しそう(>_<)

譲渡会の場所もどのように探せば良いのか分からなかったり…。

また、保護犬と聞くとだいたい成犬しかいないイメージですが、子犬はいたりするのでしょうか?

ケロっぴ
ケロっぴ
保護犬ってだいたい成犬が多いよね!

そこで今回は、ダップーの里親【子犬】の譲渡会の場所はどこなのか、2022年度の「譲ります」の声を調査してみました!

また、里親になるために必要なものもご紹介しておりますので、あわせてご覧ください(^-^)

 

ダップーの里親【子犬】の譲渡会の場所どこ?

実は、譲渡会は全国各地で行われているんですよ(^^)/

今回は、関西、関東で譲渡会を行っている団体をご紹介させていただきますね。

それぞれ譲渡条件や申請方法などが異なるため、詳細はホームページにてご確認ください。

 

動物愛護団体 エンジェルズ【関西】

生後2ヶ月ほどの子犬から成犬まで沢山の保護犬が里親を探してます。

ここなら、子犬のダップーに出会えるかもしれません(^^)/

隔週、大阪と滋賀で譲渡会を開催されているので、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか?

 

大阪シェルター

 

滋賀シェルター

  • 日程:毎月第1・第3日曜日に開催
  • 譲渡会住所:滋賀県高島市今津町酒波1186-2
  • 時間:14:00~17:00(整理券配布は、午後1時から)

 

NPO法人 ペット里親会 【関東】

比較的小型犬の保護犬が多く、譲渡会のほかに個別でお見合いも行っているそうです。

ペット里親会の活動や保護犬たちの様子を毎日ブログを更新されています。

ダップーがいるのか、ホームページでチェックすることも可能です。

 

板橋会場

 

里親になる前に確認することは?

里親になるのは、ペットショップから購入する方法とはまったく手順が異なります。

必要な書類や細かな条件がいくつもあったり…。

一般的にどのような内容なのか一緒に見てみましょう。

里親についてお考えの方はぜひ参考にしてみてください(^^♪

 

里親になるための条件は?

ダップーの里親になるためには、決められた条件を満たさなければいけません。

条件はそれぞれの施設や団体によって異なりますが、一例として以下を参考にしてみてください。

  • 18歳以上で65歳未満で経済力がある方
  • 家族全員の同意が得られている方
  • ペット可の住居に住んでいる方
  • 定期健診や獣医療を受けさせることができる
  • 外飼いをしない

特に、子犬の場合は、条件を満たしていたとしても留守番の時間が長い家庭だと譲渡が難しい場合も…。

また、譲渡後の調査や指導が受けれることを条件にしている施設や団体もあります。

ケロっぴ
ケロっぴ
譲渡して終わりではなくて、良い環境で過ごせているかを確認するんだね!

その他、譲渡前には面談やトライアル期間を設け、保護犬と里親の相性を見る場合もあるんだとか。

面談やトライアルで飼育不能と判断された場合は、譲渡を受けることが出来ません。

犬の飼育には費用もかかりますし、体力も必要です(>_<)

最期まで責任をもって飼うためにはこれらの条件をクリアする必要があります。

ケロっぴ
ケロっぴ
二度と悲しい思いをさせないように、このような厳しい条件になっているんだね。

 

譲渡の際に必要なものをご紹介します!

いざ譲渡が決まると何を準備すれば良いのでしょうか?

当日に慌てることのないよう、事前にしっかり準備しておきましょう(^^)/

ケロっぴ
ケロっぴ
家に取りに帰らなきゃなんてことがないようにね!

 

引き取りの際に必要なもの

  • 印鑑
  • 身分証明書
  • 筆記用具
  • 犬を連れて帰るのに必要なもの(リードやキャリーケースなど)
  • 譲渡費用

どの施設でも誓約書の記入が必要になりますので、筆記用具は必ず持参しましょう。

保護団体や施設によっては、ペットが飼えることが分かる管理規約や契約書などが必要になる場合もあります。

ダップーは元々警戒心が強い性格の子も多いです。

自宅まで連れて帰る際には、少しでも緊張や不安を和らげてあげるため、必ずキャリーケースなどを用意しましょう。

体の小さな子犬だとしても、ほとんどの場合、抱っこして帰ることが許されていません。

クレートのような扉が付いていたりしっかり閉まるタイプが脱走防止にもなりおすすめです。

 

譲渡費用

犬の生体自体には費用はかかりませんが、ほとんどの場合、譲渡費用というものが発生します。

保護団体や施設にもよりますが、だいたい2万円から6万円の費用が必要になっております。

譲渡費用の内訳は、一般的に保護団体や施設が負担した医療費であることがほとんどです。

  • マイクロチップ登録料
  • ワクチン各種
  • 避妊・去勢手術
  • 検査費用

子犬の場合は、ワクチン接種がどこまで済んでいるのかとても重要ですので、確認は必ず行ってください。

適正な譲渡費用なのかを判断するために、医療明細や領収書などの内訳をきっちり確認する必要があります。

なかには高額な譲渡費用や寄付金を請求するケースもあるんだとか(>_<)

ケロっぴ
ケロっぴ
何にどのくらい費用がかかっているのか必ず確認しておこうね!

ご自身が納得できる説明を受けたうえで費用の支払いを行ってください。

 

まとめ

2022年度のダップーの里親【子犬】譲渡会を行っている場所をご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

必ずしも保護犬にダップーがいるとは限りませんが、もしかすると運命の出会いがあるかもしれませんよ。

ケロっぴ
ケロっぴ
子犬の保護犬が意外にたくさんいたよね!

最近では、インターネットを通じて里親を募集し、保護活動しているサイトも多くあります。

住んでいる場所で譲渡会が行われていない場合、こういったサイトで調べてみても良いかと思います(^^)/

しかし、保護犬を引き取る際には、手続きや条件など多くの時間がかかり大変です。

簡単には里親になれないことに面倒だと感じたり、厳しい条件に断念する方も多くいるんだとか。

ですが、手続きや条件は、保護犬だけではなく、動物の飼い主になるためには全て必要なことばかりなのです。

本来ならばペットショップでも同じことをしなければいけないと思います(>_<)

ケロっぴ
ケロっぴ
ペットショップでは簡単に飼えてしまうもんね…。

しかし、それが出来ないがために、現在もこのように里親を探している保護犬がいるんですよね。

保護犬にしても、ペットショップからにしても、最後まで覚悟を持って育てることが出来るのか一度しっかり考えましょう。

動物愛護の意識が高まってきた2022年、少しでも「譲ります」の声が減ることを願います。